ちばさんのセカンド日記

セカンドブログ。ブログやってて思ったことなどを中心になんでも書きます。

宝塚版シティハンター

関西で阪急電車を使っていると、よく見かけるのが宝塚歌劇団のポスター

普段はだいたいスルーしますが…

f:id:chibasa-n:20210905220726j:image

「シティハンター」だと!!

しかも「宝塚のシティハンター」ですよ!こんなん絶対見に行くしかない!!

寮と香の後ろにしゃがんでいる3番手のキャラは一体誰なんだ!!(どうでもいい)

f:id:chibasa-n:20210905220723j:image

ということでやってきました宝塚大劇場(3年ぶり2回目)

やはり9割以上は大人の女性のお姉さまばかり。

ちょっと場違い感は感じますが、演目が演目だけにまあ大丈夫ですよね。

f:id:chibasa-n:20210905220729j:image

今回は雪組公演の2部構成。全部で約3時間のプログラムです。

 

まずは1部のシティハンターを簡単に。

お馴染みのメンバーに加えて、「アメリカの寮の元パートナー」「冴子の妹やパパ」「シティハンターを追うジャーナリスト」に「寮のパパ」から「香のお兄さんの仇」「寮が過去に助けたことのある某国のお姫様」「大女優の極道の世界に入った隠し子」から「極道」「テロリスト」から「キャッツアイ」まで。

何を書いているのかわからないぐらいに次々とキャラクターが出てきて、ストーリーも大渋滞。

「シティハンター」を知っていても展開についていくのがやっと。

知っている曲が流れるとテンションが上がるし、宝塚の舞台の華やかさはありましたが、全体的には正直ちょっとイマイチでした。

 

やっぱり見るべきは第2部のレビューですね。

こちらはもう言うことなし。初心者でもわかる「宝塚歌劇団といえばこれ!」と言うものをガンガン見せつけてくれます。

ずらっと舞台に並んでのラインダンスは絶対見た方がいい。

歴史と伝統が積み重なって出来上がった舞台というのはちょっと違います。

ど素人が一目見るだけでもわかる「スター」は本当すごい。これははまるのもわかります。

 

いやー本当に感動しました。

こんな時だからこそ元気をもらえる素晴らしい舞台。見に行ってよかった〜