ちばさんのセカンド日記

セカンドブログ。ブログやってて思ったことなどを中心になんでも書きます。

自民党総裁選挙

私は自民党員ではありませんので選挙権はありませんが、実質次の総理大臣を決める大事な選挙。

好き勝手に語ってみたいと思います。

f:id:chibasa-n:20210921063157p:plain

「正直誰でもいいけど、河野太郎だけはない!!」

 

パワハラ的な話に、中国寄りな姿勢に、記者への対応、一貫しない受け答えの下手さ、感じる傲慢さ。

特にワクチン担当大臣としての言動、活動、ここ最近の発言の酷さ。

こいつだけはとても一国の首相の器ではない。

…と、強く思っていました。

 

が、そこで一つのネットでの意見を見かけます。

 

「河野氏の最近の行動ってわざとヘイトを集めようとしていない?」

 

というもの。

 

そう。言われてみると確かにかなり不自然。

今回なんて普通にしていれば勝つんですよ。圧倒的に。

本当ただ何もしなければいいだけ。なのにどんどん点数が落ちる。

化けの皮が剥がれてきているだけにしては早すぎます

 

長く政治の世界で生きていて、安倍首相の外交が良かった時にミスの許されない大事な外務大臣まで務めた人。

素人にも分かるくらいの勝負の時に、いくら何でもそこまで頭の悪い発言や行動を続けてするはずはないと思います。

 

 

逆に、反発で異常なまでに点数が上がっているのが高市さん。

本来なら飛沫候補の一角で終わっていたはずの人がグングン伸びる。

 

「ネットで人気」は別に全然いい。

ただ「メディアが推し始める」となると、途端に怪しく感じます。

メディアで推すものは注意しないといけないのは、ここ最近はさらに強く感じています。

 

 

河野さん、高市さんの政策とか個人についてはあまり知りません。

ただ行動や発言、世の中の「空気」は結構気になるところです。

このご時世に本がめちゃめちゃ売れるとか、動画の再生数に5倍も10倍も差が出るとか、いくら何でもちょっとやりすぎじゃありませんかね。

 

河野下げ、高市上げがされすぎているのであれば、その作り出された「空気」には何か意図があるのではないかと感じるところでした。

 

 

それに、現代のアメリカ大統領選挙であったとも言われる「不正選挙」が、日本ではありえないなんてこともないでしょうしね。

注目して見ていきたいですね。